トップページ

実践人間学研究会について

 近年、看護学、教育学、保育学、体育学、心理学など、ひとを対象とする研究を行うさまざまな分野において、実践的な経験に基づいた研究活動が行われています。研究の成果を現場に還元し、よりよい実践を継続していくためには、研究成果を報告する場が必要となります。しかし、こういった実践的であり学際的な研究は、既存の学会や研究発表の分野にあてはまらず、発表の機会を逃してしまうことがあります。このような現状のなかで、実践的な研究を発表する場を増やすことが求められています。本研究会は、分野の枠にとらわれず、実践的な研究を発表する場を増やし、研究成果を実践の場に還元することを目指して再設立されました。

研究会の活動
 本研究会は、研究ジャーナル誌「実践人間学」の発行を専門に行う機関です。
〇本会は、非会員制をとっています。
〇「実践人間学」はひとを対象とした実践的な研究論文を載せるオープンジャーナル誌とします。
〇「実践人間学」は研究会のホームページ上で公開することとします。
  紙媒体での出版・提供は行いません。

ひとを対象とする実践的な研究に取り組まれている研究者、大学院生、保育・教育・医療等に従事されている方からの積極的な投稿をお待ちしております。